よつき経済研究所

経済学者の森本裕です。専門は交通経済学と都市経済学です。神戸にある甲南大学で教員をしています。経済学のメインテーマである、価格=モノの値段についてコラムを書きます。また、大学教員ならではということで、今どきの学生気質や大学ついても不定期で発信します。

経済学に関心がある方は、ホームページ(https://yotsuki-compass.com/)にもお越しください。ツイッター(https://twitter.com/yotsuki_compass)でも最新ニュースに経済分析を加えています。

JR東海は大幅安 JR東日本はそこそこの値下がり
2020年2月25日の日経平均株価は、前日比781円安の22,605円と急落しました。コロナウイルスの感染ががイタリアでも確認されたことから、リスクオフの動きとなりました。

今日は、JR3社の株価から読み取れる情報について書いていくことにします。まず、今日の値動きはJR東日本-2.92%、JR西日本-4.02%、JR東海-6.31%でした。JR東海の株価は大暴落を通り越して「崩落」という表現が適切なくらいに下げています。この値動きの差は何を表しているのでしょうか?
rikuun
予想通り、JR東海は新幹線に依存
まず、JR3社の収益構成を見てみましょう。
shinkansen
JR東日本とJR西日本は新幹線が売り上げに占める割合が30%弱しかないのに対して、JR東海は70%近くもあります。JR東海は他の2社と比べて、収益が新幹線に偏っていることが分かります。

東海道新幹線は2020年のダイヤ改正で「のぞみ」が最大1時間12本になるというくらいに旅客数が多いので、JR東海の新幹線偏重は当然のことかもしれません。東北新幹線や山陽新幹線はLCCや高速バスに対抗するため割引切符を発売していますが、東海道新幹線は「ぷらっとこだま」くらいしか安く乗る方法はありません。「のぞみ」はほとんど定価販売で、EX早得を使えばオフピークの便が少々安くなる程度です。

見出し
収益構造を確認してみると、マーケットは新幹線に懸念をもっているのだということがよく分かります。

コロナウイルスが蔓延しても皆が通勤通学をやめないように、在来線の定期券利用客はそうそう減ることがありません。これに対して、新幹線の利用客は不急不要のことが多いため、利用を見合わせによる旅客減が生じます。

実際、ライブや大きなイベントは軒並み中止になってますので、遠方からの「追っかけ」客による利用がなくなっています。また、企業によっては出張は必要なものに限るという方針を打ち出していますので、業務利用も減少しています。

2月20日付で日経新聞が「東海道新幹線、休日利用者11%減 新型肺炎影響広がる」という記事を出していますが、マーケットは遅れて反応した形です。

ちなみに、JR西日本の値下がり率が大きいのは、在来線でインバウンドの恩恵を受けていたからと考えられます。関空アクセスや京都観光で外国人が多く利用していましたので、その需要がなくなるとかなりの減収になってしまいます。

また、売上に占める鉄道事業が57%ですので、43%は非鉄事業ということになりますが、ホテル運営に影響が出ることも懸念されています。

今日はマーケットの動きがかなり明瞭に出て面白かったので記事にしてみました。海千山千のトレーダーたちは、やはりよく考えて売買しているのだなと感心させられる値動きでした。

やはりマスク転売を規制する必要がない理由
コロナウイルスの感染が拡大する中、マスクの転売が引き続き問題になっています。メルカリはマスクの高額出品を削除する方針を取っていますが、イタチごっことなっています。

少し検索しただけでも高額出品は見られますし、実際に成約した事例もあるようです。画像のように、50枚入りが1万円で売れていました。
mask
さて、この転売が問題なのかというと、先の記事「マスクの転売は問題なのか?」でも書いたように問題ないというのが私の答えです。ただし、所得格差が大きいときには注意が必要ですので、この点について検討してみましょう。

転売のおかげで、必要とする人が限られたものを買えるようになっている
まず始めに確認ですが、転売屋のおかげで、カネさえ払えばマスクを手に入れられるという環境が実現されています。転売屋がいなければ、マスクは早い者勝ちで売り切れてしまいますから、必要性が高い人が買えるという保証はありません。なので、転売屋がいなければ、どうしてもマスクが必要な人は困ってしまうわけです。

このロジックでは、暗に「必要性が高い人=高い金額を支払う」という仮定を置いています。これはある意味では正しくて、日常生活においても、どうしても欲しいものは高くても買いますから。ところが、所得格差を考えると、この仮定は成立しなくなります。

お金がなければ、どれだけ必要でも買えない・・・
とんでもない金持ちは、大してマスクが必要なくても大金を払うかもしれません。逆に、貧乏な人はどうしてもマスクが必要でもお金を出すことができません。このように考えると、転売屋のせいで低所得の人がマスクを買えなくなってしまうということが起こりえることもありそうです。

このように所得格差を考慮に入れると、問題が生じうることが分かります。とはいえ、現時点ではマスクは生存のための必需品ではありませんので(この点については異論もあるかとは思いますが)、買えなかったからといって即、肺炎に罹って死亡するということもないでしょう。

今はまだ、転売は規制しなくてもよい
このようなことから、「普通の人にとって」必要なものがカネさえ払えば手に入るという状況を作っておくことを優先してもいいのではないかと考えています。

もし今後、日本でコロナウイルスが大流行して、マスクが生命維持に必要不可欠となれば状況は変わってきます。このようなときには、定価であってもマスクを買えない人がいれば問題なわけで、積極的に国が介入する必要が出てきます。例えば、生活保護者にはマスクを現物で支給するとか、全国民に配給するといった、非常時の対応が求められるでしょう。

マーケットは堅調だが・・・
コロナウイルスが引き続き猛威を振るっている反面、アメリカ株は史上最高値を更新するなど、株式市場はもはやウイルス問題など忘れ去ってしまったかのようです。日本株も24,000円奪還を狙う水準ではありますが、本当に今は買い場なのでしょうか?

ちょうど1週間前の2月6日の記事「コロナウイルスで株価はどうなる?」では、23,000円までの調整があるのではないかということを書きました。1週間前の引け値は23,900円くらいでしたので、この間はほぼヨコヨコだったわけです。今日の引けは23,800円くらいなので、前記事の予想はあたりとも外れともいえないといったところでしょうか。
stock
今後の見通しですが、やはり中期的(この先1~2ヶ月)には23,000円までの調整はあるものと考えています。今朝9時ころに「中国での死者急増」の一報が入って先物に機械的な売りが出たように、ニュース一本で市場のムードが変わってくる可能性もあります。

また、企業業績自体もアメリカと比べても悪く、日経新聞が集計したところでは2019年4~12月の決算は全体として減益に転じたようです。日経平均のPERも14倍を超えている状況ですので、業績面からも下押しが懸念されます。

今後、実体経済への悪影響が明らかになってくると一気に下に向かいかねませんので、ポジションを小さくしておくか、プットオプションで保険をかけておくといった対策が必要だと思います。

↑このページのトップヘ