よつき経済研究所

航空産業を専門に研究している経済学者の森本裕です。神戸にある甲南大学で教員をしています。このブログは火曜日と金曜日に更新しており、火曜日は「旅行に役立つ航空」について、金曜日は「経済学で身につける思考の技術」について記事を投稿します。また、大学教員ならではということで、今どきの学生気質や大学の裏事情についても不定期で発信します。

経済学に関心がある方は、ホームページ(https://yotsuki-compass.com/)にもお越しください。ツイッター(https://twitter.com/yotsuki_compass)でも最新ニュースに経済分析を加えています。

帯広で39度!
北海道の帯広で最高気温が39度に達するなど、異常なまでに気温が上昇している。今年の冬もかなりの暖冬で、雪不足でスキー場の営業期間も短縮された。

「平年よりも気温が高い」と毎年言われ続けているが、どのくらい気温が高くなったのかを調べてみた。




確実に気温は上がっている
気象庁のデータを使い、大阪の1969年~2019年の気温をグラフ化してみた。
kion
春(5月)・夏(8月)・秋(11月)・冬(2月)のどれを見ても、気温が上がり続けていることが分かる。近似曲線を描きこんでいるが、これも右上がりになっている。季節ごとに上がり方の差は大きくなく、どの季節もまんべんなく暖かくなっている。

この近似曲線の上がり方は平均して0.029度/年なので、50年に換算すると1.5度くらいである。

データを見ると1970年でも猛暑日が6日間あったから、昔の夏が涼しかったというのは間違いだろう。とはいえ、1.5度も違えば朝の寝苦しさも違うだろうし、雨と雪の境目になっていることも少なくないはずだ。

ちなみに、現在の「平年値」は1981年~2010年の30年平均なので、間を取って1995年頃の気温とすると、今ではおよそ0.4度は気温が高くなっている。なので、「平年よりも気温が高い」が連発するのも自然なことである。

IR産業展に行ってきました
大阪維新の会はIR(統合型リゾート)の誘致に熱心なため、大阪はIRの第一候補と目されています。ところが、関空の欧米路線の貧弱さがIR成功の足かせになるかもしれません。

2019年5月15・16日に開催された「統合型リゾート産業展」に出席し、IR事業者から聞いてきた話のまとめです。
IR



IRの成功は、国際会議の誘致がキモ
まず、大阪がIR誘致レースの先頭を走っているのは間違いありません。日経新聞は5月15日付で、IR事業者5社がコンセプト提案をする見通し手であると報じています。


IRというとカジノというイメージが強いですが、その大部分は会議場・ホテル・ショッピングセンターです。大規模な国際会議を開催してもらわなければ全体の稼働率が上がらないわけですが、ここで問題となるのが関空の路線網です。

関空はアジア向けは充実しているものの、欧米にはあまり飛行機が飛んでいません。実際、ニューヨークなどアメリカ東海岸には直行便がありません。ヨーロッパもイタリア路線はありませんし、ロンドン行きも週4便にとどまります。

このような状況では、インパクトのある大規模会議に来てもらうのは厳しいのではないかと思われます。

関空からの直行便の少なさは問題だが、後から路線が開設されるかも
この点について、IR産業展に出展している事業者の方に質問したところ、次のような答えが返ってきました。

・実際、関空から欧米主要都市への直行便がないのは問題だ
・東京からの乗継でも大きな支障はない
・航空会社との付き合いはあるので、路線の開設を要請する
・IR自体が航空需要を喚起するので、自然と新規就航が増えることが多い

というわけなので、関空の問題は心配半分ですが、航空需要の喚起とネットワーク拡充が好循環になるのではないかという期待も湧いてきます。

サーチャージ引き下げで本当に安くなる?
原油価格の下落に合わせて、主要航空会社の燃油サーチャージも引き下げられました。

例えば、ANAとJALの欧米行きでは片道35,000円だったものが14,000円に改定されました。単純に考えて往復で21,000円安くなるはずですが、本当にそうなったのでしょうか?

航空会社は本体部分とサーチャージを一体的にとらえているフシがありますので、本体を値上げしている可能性も否定できません。

そこで、3月31日と4月1日の総額を比較してみました。




日系エアラインはしっかりと値下げ

比較対象は、大阪とニューヨークを往復する航空券です。往路を7月3日、復路を7月10日とし、前後3日間を含めて運賃総額のデータをとしました。

1枚目と2枚目の画像はそれぞれ、3月31日と4月1日に検索をして得られた運賃です。
3月31日
無題
これらを見比べてみると、ほとんどの日程で確かに21,000円安くなっています。実際、最安値で見ても147,160円から126,160円に下がっています。

海外の航空会社は実質値上げしていた

このように、日系のエアラインは信頼することができますので、サーチャージの引き下げを待ってから航空券を予約するとおトクになると言えます。

ところが、海外系を利用するときは注意が必要です。Cathay PacificやEmiratesといった海外の航空会社を調べてみたところ、サーチャージ減額を宣言していたにもかかわらず運賃総額はあまり下がっていませんでした。

カラクリを見ると、最も割安な予約クラス(Saverなど)を売り切れにして、高めのクラス(Flexなど)からしか買えないようにしているようです。同じ予約クラスで見ると値上げにはなっていませんでしたが、不誠実な印象を受けます。


↑このページのトップヘ