よつき経済研究所

経済学者の森本裕です。専門は交通経済学と都市経済学です。神戸にある甲南大学で教員をしています。経済学のメインテーマである、価格=モノの値段についてコラムを書きます。また、大学教員ならではということで、今どきの学生気質や大学ついても不定期で発信します。

経済学に関心がある方は、ホームページ(https://yotsuki-compass.com/)にもお越しください。ツイッター(https://twitter.com/yotsuki_compass)でも最新ニュースに経済分析を加えています。

転売行為に一理あり
コロナウイルスの感染拡大で、マスクの転売が問題になっています。読売新聞も「マスク1箱5万円超も…高額販売が後絶たず、メルカリが出品削除」と転売について報じています。転売問題は本当に問題なのか考えてみましょう。

まず、転売が起きる背景ですが、高くても買う人がいるというのがキーポイントです。つまり、1箱に5万円支払ってでもマスクを手に入れたいという需要があるわけです。このあたり、需要がある限り価格が上がるという経済の大原則に忠実です。

高い金を支払いたい人がどういう人かというと、大金持ちという可能性もありますが、多くはどうしてもマスクを手に入れたいといったところでしょう。そうすると、店頭では在庫切れで買えないところ、カネさえ積めばマスクを手に入れられるわけだから転売屋もありがたい存在と言えます。

もう少し経済学的に考えてみます。転売屋のおかげで、絶対数が不足しているマスクが、より必要度が高い人(高い金を支払いたいと思う人)のところに行きわたるようになっているわけです。専門的には資源配分が効率的になっていると言いますが、簡単に言うと、より欲しいと思っている人が限りあるものを手に入れているという状態です。

もし転売屋がいなければ、あまり必要というわけではないけれど、多くの店舗を回れる暇な人がマスクを持っているという状態になってしまうわけです。こう考えると、転売行為は意味のあることだと言えそうです。

在庫で流通から外れる分は無駄になっている
とはいえ、転売にも1つ大きな問題があります。それは、ただでさえも不足しているマスクの流通量を減らしてしまうということです。転売屋は商品であるマスクを一旦買い込む必要があるので、その分だけ一時的に流通量が減ってしまいます。つまり、転売屋の倉庫や自宅に眠っている分だけ、大切なマスクが使えない状態になっているのです。
マスク
そういうわけで、筆者としては基本的に転売には賛成です。転売屋が利益を得る分だけ一般消費者は負担を強いられるわけですが、それでも、限られたマスクが求められているところに行くという便益は重要だと考えています。

最もいいのは、店頭での価格を適度に上げること
ただ筆者としては、メーカーや小売りといった公式な流通経路が値上げすることを市民が許容することが重要だと考えています。なぜなら、公式な流通において売り切れが生じない程度の価格が設定できれば、転売行為が生じえないからです。そうすると、今よりは高くても、転売よりも安い値段でみんながマスクを買えるようになるからです。

株価は24,000近辺に急反発(2月6日)
中国の武漢を中心にコロナウイルスの感染が拡大しています。日本でも感染者が確認されており、これ以上の拡大を止めるのは難しいのではないかとも思われます。武漢では交通が完全に遮断され、市街との出入りが封鎖されています。

武漢は自動車を中心としてモノづくりの街ですので、経済活動への影響は避けられません。日本の企業は中国から部品を輸入していますので、サプライチェーンを通して日本の製造業にも悪影響が及びそうです。さらには、中国人の入国を制限する動きも出てきましたので、中国人がおよそ4分の1を占めるインバウンドが激減することで、観光業にも打撃が生じそうです。

このような先行きが不透明な経済情勢を受けて、日経平均株価が2月3日にかけて急落しました。24,000円を超えていたものが22,800円まで値下がりし、企業業績の悪化や景気後退をかなり織り込む展開となりました。
ところが、その後は急反発し、2月6日は500円以上の上昇となり一時、24,000円に接近しました。これは、前日の夕方に「コロナウイルスの治療薬が開発された」と中国のテレビが報じたことに起因します。

とはいえ、コロナウイルスが問題になる前の水準に全戻ししたのは行き過ぎではないかと筆者は考えます。実際に武漢の封鎖や中国人の入国制限は続いていますし、日本国内での感染者も30人を超えてきています。そうすると、やはり実体経済への悪影響は避けられないわけで、24,000円という株価は正当化するのは難しそうです。

2019年10-12月期の決算発表も続いていますが、業績は下方修正が上方修正を上回っている状況ですので、企業業績面からみても株価は調整局面を迎えるのではないでしょうか?2月中は23,000円近辺への値下がりに備えた方がよさそうです。急反発に慌てて買いで反応しないように気を付けたいものです。

帯広で39度!
北海道の帯広で最高気温が39度に達するなど、異常なまでに気温が上昇している。今年の冬もかなりの暖冬で、雪不足でスキー場の営業期間も短縮された。

「平年よりも気温が高い」と毎年言われ続けているが、どのくらい気温が高くなったのかを調べてみた。




確実に気温は上がっている
気象庁のデータを使い、大阪の1969年~2019年の気温をグラフ化してみた。
kion
春(5月)・夏(8月)・秋(11月)・冬(2月)のどれを見ても、気温が上がり続けていることが分かる。近似曲線を描きこんでいるが、これも右上がりになっている。季節ごとに上がり方の差は大きくなく、どの季節もまんべんなく暖かくなっている。

この近似曲線の上がり方は平均して0.029度/年なので、50年に換算すると1.5度くらいである。

データを見ると1970年でも猛暑日が6日間あったから、昔の夏が涼しかったというのは間違いだろう。とはいえ、1.5度も違えば朝の寝苦しさも違うだろうし、雨と雪の境目になっていることも少なくないはずだ。

ちなみに、現在の「平年値」は1981年~2010年の30年平均なので、間を取って1995年頃の気温とすると、今ではおよそ0.4度は気温が高くなっている。なので、「平年よりも気温が高い」が連発するのも自然なことである。

↑このページのトップヘ