無事に過去最大の便数へ
先週の記事(関空9月の旅客数は48%減 伊丹は代替利用で3%増)では台風21号の影響で旅客数が激減したと書きましたが、関空の立ち直りは意外と早そうです。というのも、2018年の冬ダイヤでは増便が相次ぎ、便数が過去最高の週1451便に達するためです。

一時はインバウンドが激減しミナミは閑散としてしまいましたが、今では賑わいを取り戻しています。

関西の得意客であるアジア各国にも台風は襲来することから、アジア人にとっては台風被害というのは案外身近なものなのかもしれません。台風は過ぎ去れば問題ないという認識を持ってくれているのか、観光客の戻りは早かったようです。

2018年冬ダイヤでの大きな変更点を中心に、国際線の増減便の動向を紹介します。なお、記事中の図表は関西エアポートのプレスリリース資料から引用しています。
2018冬


中国が再成長 東南アジア・北米も拡大
まずは旅客便の動向からですが、前期比で週95便(7.6%)増加して週1309便になります。直近のボトムである2010年からは2.27倍への増加です。
zasekisuu
方面別の提供座席数をみると、中国・東南アジア・北米が伸びています。中国はこのところ頭打ち感がありましたが、再成長のステージに入ったようです。東南アジアは経済成長を背景に、順調に拡大しています。

そして、懸案だった北米路線も45%増と大きな伸びを示しています。絶対水準は週13,000席と大きくありませんが、長距離便の増加は関空にとって悲願でもあります。2019年夏ダイヤではデルタ航空によるシアトル線の再開が予定されていますので、今後も期待できそうです。

逆に、韓国・香港・マカオ・台湾は横ばいから減少にとどまりました。人口の割には関西への訪問数が高くなっていますので、ここからの伸びはやはり厳しいのではないかと思われます。

貨物はFeDexがさらに増便
続いて貨物便は前期比3便増加の週142便になります。台風では貨物エリアの復旧が遅れており、減便を恐れる状況でしたが、なんとかプラスへの着地となりました。

関空を東アジアのハブと位置付けているFedExが週6便増やして58便になります。ネットワークの拡大を安定的に継続してくれており、今後の拡大に期待したいところです。


スポンサードリンク