関空は需要面でも復旧を果たした
11月26日、関西エアポートは2018年10月の利用状況を発表しました。9月は台風による閉鎖の影響で旅客数が半減してしまいましたが、わずか1ヶ月で前年比プラスに復帰しました。
kix11


日本人は大幅な増加。外国人の穴を埋める形に
国際線の旅客数は全体でプラス5%でした。外国人はプラス1%とほぼ横ばいでしたが、日本人は18%ものプラスになりました。

外国人にとっては復旧の情報を手に入れるのは難しいので、回復が遅れたものと考えられます。空港の機能が回復し、関西の街にも影響がなかったことを外国人に上手く発信できなかったことが、今後の課題となりました。

日本人の伸びが高かったのは、外国人の戻りが悪かったことと関係があるかもしれません。LCCを中心に航空会社は空席連動の運賃設定をしていますので、予約の入りが悪かった便の運賃が安くなっていました。運賃が低くなったことで、旅行を思い立った日本人もいたのではないでしょうか?

実際、国際線は発着回数は+7%に対して旅客数は+5%でしたので、搭乗率は低下していたものと考えられます。

国内線はマイナス。伊丹・神戸に流出したか
国内線は旅客数がマイナス6%でした。関西三空港(関空+伊丹+神戸)ではプラス2%でしたので、関空の旅客が伊丹や神戸にシフトしたものと考えられます。被災後に予約を入れた人は、閉鎖中の関空を避けて伊丹や神戸の便を選んだとしてもおかしくはありません。



スポンサードリンク