2019年2月の利用はプラスを維持
関西エアポートは、2019年2月分の利用状況を発表しました。関西三空港全体では発着回数が前年同期比で6%の増加、旅客数も同5%の増加でした。
kix_mar
全体として旅客数が伸びているのは好材料ですが、関空の国内線がマイナスであることと、外国人の利用が頭打ちになりつつある点が気になります。以下では詳細を見ていきましょう。



国内線はマイナス 新路線で巻き返せるか?
関空の国内線旅客数は前年比で-1%とやや減少しました。このところはプラスとマイナスを行ったり来たりで、おおよそ横ばいの状況です。

国内線はもはやLCCが主流になっていますので、どれだけLCCに目を向けてもらえるかが肝心です。

国内線で第2ターミナルを利用するのはPeachのみですが、これに対して他社は不満を抱いています。ジェットスターは第2ターミナルを利用できるようになったら増便する旨の発言をしていますので、施設の拡張が必要でしょう。

とはいえ、このところはPeachが釧路・新潟へ、ジェットスターが高知・下地島(宮古)へと新路線を展開していますので、この勢いを維持できればプラス基調に戻るのではないかと思われます。

国際線は日本人は順調だが、外国人は頭打ち
国際線の旅客数は、全体では前年比7%のプラスでした。このうち、日本人は14%増と非常に大きく伸びました。台風の被害が大きかった昨年9月を除くと、おおむね10%前後の伸びを維持しています。

ひところは日本人(とくに若者)の海外旅行離れが話題になりましたが、現在は円安の一服感とテロの鎮静化によって出国意欲が戻っているようです。

反面、外国人は4%の伸びにとどまりました。かつては二ケタはもちろん、20%以上の成長を見せていましたが、ついに踊り場入りとなった模様です。

韓国と香港は人口に対する訪日率が20%近辺にもなっているため、これ以上の増加を期待するのは難しいのかもしれません。まだまだ伸びている中国や、訪日率が低い欧米を狙っていく必要がありそうです。