IR産業展に行ってきました
大阪維新の会はIR(統合型リゾート)の誘致に熱心なため、大阪はIRの第一候補と目されています。ところが、関空の欧米路線の貧弱さがIR成功の足かせになるかもしれません。

2019年5月15・16日に開催された「統合型リゾート産業展」に出席し、IR事業者から聞いてきた話のまとめです。
IR



IRの成功は、国際会議の誘致がキモ
まず、大阪がIR誘致レースの先頭を走っているのは間違いありません。日経新聞は5月15日付で、IR事業者5社がコンセプト提案をする見通し手であると報じています。


IRというとカジノというイメージが強いですが、その大部分は会議場・ホテル・ショッピングセンターです。大規模な国際会議を開催してもらわなければ全体の稼働率が上がらないわけですが、ここで問題となるのが関空の路線網です。

関空はアジア向けは充実しているものの、欧米にはあまり飛行機が飛んでいません。実際、ニューヨークなどアメリカ東海岸には直行便がありません。ヨーロッパもイタリア路線はありませんし、ロンドン行きも週4便にとどまります。

このような状況では、インパクトのある大規模会議に来てもらうのは厳しいのではないかと思われます。

関空からの直行便の少なさは問題だが、後から路線が開設されるかも
この点について、IR産業展に出展している事業者の方に質問したところ、次のような答えが返ってきました。

・実際、関空から欧米主要都市への直行便がないのは問題だ
・東京からの乗継でも大きな支障はない
・航空会社との付き合いはあるので、路線の開設を要請する
・IR自体が航空需要を喚起するので、自然と新規就航が増えることが多い

というわけなので、関空の問題は心配半分ですが、航空需要の喚起とネットワーク拡充が好循環になるのではないかという期待も湧いてきます。