よつき経済研究所

航空産業を専門に研究している経済学者の森本裕です。神戸にある甲南大学で教員をしています。このブログは火曜日と金曜日に更新しており、火曜日は「旅行に役立つ航空」について、金曜日は「経済学で身につける思考の技術」について記事を投稿します。また、大学教員ならではということで、今どきの学生気質や大学の裏事情についても不定期で発信します。

経済学に関心がある方は、ホームページ(https://yotsuki-compass.com/)にもお越しください。ツイッター(https://twitter.com/yotsuki_compass)でも最新ニュースに経済分析を加えています。

2018年03月

大学生になったら
全国の新入生のみなさま、ご入学おめでとうございます。大学生になったらまずしなければならないことは何か?それは、「履修登録」です。

サークルやバイトで大学デビューと行きたいところですが、ちゃんと履修登録してくださいね。卒業できなくなりますよ。

3行要約
・卒業には単位が必要
・履修登録は単位取得の意思表示
・登録しないと、単位は出ない


履修登録・・・の前に単位のはなし
筆者が所属する甲南大学を例に使いますが、どこの大学も似たようなもの(文科省の通達で決まってる)なので安心してください。

だいたいの人はちゃんと卒業したいと思っているはずですが、卒業するためには「単位」を集めなければなりません。週1回の授業で合格すれば、だいたい2単位もらえます。これを規程の数だけ集めれば無事に卒業できます。ちなみに、本学経済学部の場合は128単位必要です。(たいていの大学・学部では128単位です。)

経済学部経済学科の学生は、次に定めるところに従って、合計128単位以上修得しなければならない。
出典:甲南大学履修要綱2018年度版

履修登録とは?どうやってするの?
とりあえず、卒業するには授業を受けて単位を集めるのだということが分かってもらえたと思います。

そして、「この授業をうけて、単位を取りたいです」という意思表示をするのが履修登録です。これを期間内にしなければなりません。

最近は電子化が進んでいますので、学生用ポータルサイトから登録する大学がほとんどだと思います。本学の場合はMyKonanを通じて登録します。

MyKonanの画像を使いますが、多くの大学を見てきた感じでは、どこでも似たようなシステムです。
img1_05s
時間割を表示する画面がありますので、そこに受けたい授業を入れていきます。
img1_07s
曜日・時限をクリックすると、その時間に開講されている科目が表示されます。

登録なしは、単位なし
入学してすぐは忙しいと思いますが、絶対に履修登録はしてください。登録していない科目はどれだけ勉強しても、どれだけ試験ができても単位はもらえません。

登録を忘れて後から泣くことがないように、気を付けましょう。

センチで言われても分からない~
エアラインのホームページには、座席の間隔や幅について説明があります。たいていは〇〇センチとか〇〇インチとか書いてあるわけですが、それがどれだけの広さなのか分からないですよね。なので、飛行機の座席を新幹線や夜行バスと比較できるように表を作ってみました。

3行要約
・飛行機は新幹線より狭い
・国際線に乗るときは、機材を選ぼう
・LCCの座席は夜行バスと同等


快適な新幹線
まずは、表をご覧ください。
座席比較
ぱっと見で分かるのは新幹線の広さです。うすうす気づいてはいましたが、飛行機よりは圧倒的に広いです。余裕で足を組めると思っていたら、間隔が100センチを超えているのですね。

プレエコは新幹線の普通とグリーンの間くらい
プレミアムエコノミーの間隔は新幹線の普通席よりも若干狭いですが、座席幅はグリーン車と同じくらいです。こうやってみると、プレエコを使えば欧米行きの長距離線でも疲れずに済みそうです。

ちなみに、座席幅は座面の広さのことで、ひじ掛けは含まれません。

国際線エコノミーは機材を選ぼう
ANAのエコノミークラス(国際線)は機材によってかなりの差があります。B777-300ERはシートピッチが86センチもあるのに対して、B787-8は79センチしかありません。

長時間乗るものですから、7センチの差はかなり大きいです。86センチだったら、奥の席から通路に出るのも簡単ですが、79センチでは通路側の人にどいてもらわないといけません。
ANA(B787-8)ANA(B777-300ER)
出店:ANA公式サイト
LCCは夜行バス(スタンダート)と一緒
LCCは座席が狭くて心配だという方も多いかと思いますが、表を見ると夜行バスと同じくらいだと言うことができます。苦も無く夜行バスで移動できる人にとっては、LCCでも十分ではないでしょうか?

身長が174センチの筆者の場合は、国内線は耐えられますが、国際線(3時間以上)はかなりしんどいです。シートピッチが狭すぎで、足を伸ばすと前の人のところに出てしまうんですよね。。。

ちなみに、A320を使っているPeach・ジェットスター・バニラはどれでも席の大きさは同じです。

カイルア住民に人気のChadLou's Coffee
ハワイといえばパンケーキ!という方も多いと思います。Boots & Kimo's行ってみたいですよね。もちろん有名なお店もいいですが、観光客だらけはちょっと・・・という方向けに地元民に人気のあるChadLou's Coffeeを紹介したいと思います。

観光客に媚びてる感じがせず、普通のハワイライフを体験してみたい人おすすめのカフェです。


ウッディでおしゃれな内装
お店は全体的に木質感あふれる内装で統一されています。机の上には食器や調味料が置いてあり、必要な分を持っていってくださいというスタイルです。
DSCF1107
こじんまりとしたお店なので、店員さんもフレンドリーです。”May I take pictures in this restaurant?”と写真の許可を求めたときも、愛想よくOKしてくれました。
DSCF1105
価格も良心的
メニューはこんな感じです。手書きなところが親しみを持てます。
DSCF1106
コーヒーは2.45$なので、かなり良心的な価格設定です。カプチーノやラテでも400~500円くらいです。ワイキキだと観光地価格でお高いですが、地元向けということもあってお手頃です。

本格的なサンドイッチ
お昼ご飯の時間だったので、サンドイッチを注文しました。
DSCF1104
本格的な手作りサンドにポテトチップスとピクルスが添えてあります。だいたい1000円くらいだったと思います。味もおいしくて、大満足でした。

ちなみにですが、サンドイッチだけだとスナック(Snack)、ポテトがあると食事(Meal)というそうです。日本人の感覚からすると食事にポテチは違和感がありますが、アメリカ人にとっては不可欠なんだそうです。

場所はどこにあるの?
さて、ChadLou's Coffeeまでの行き方ですが、カイルア通りを一本北側に入ったところにあります。カイルア通りがカイルアタウンの目抜き通りですので、The Busの経路になっていますし、ツアーなんかでもここまでは連れてきてくれるかと思います。

関心を持った方は、下のリンクから公式ホームページをご参照ください。https://www.chadlouscoffee.com/

スクートの機内Wi-Fiサービス
スクートではWi-Fiサービスが提供されているので、機内でもインターネット環境を確保することができます。フルサービスでは常識となっていますが、LCCでも使えるのはうれしいですね。今回は、Wi-Fi使い勝手と料金について書いていきます。


利用するなら事前購入で
スクートの公式ホームページには料金表が掲載されています。
scoot-wifi
従量制の料金になっているので、使う分だけ購入するといいです。Lineとかやりとりするなら、20MBで十分です。時間制限はないので、ずっと使い続けていても大丈夫です。メッセージは全然容量を使わないので安心してください(笑)。

目的地のことを調べたいならもう少し容量が大きいプランがいいと思いますが、1時間くらいウェブサーフィンを続けても50MBで大丈夫かと思います。

気を付けたいのは、事前に購入したほうが安いということです。20MBのプランでは1ドル差なので、事前の方が100円くらいお得になります。予約するときにオプションで付けておきましょう。

アクセスコードを必ず印刷すること!
Wi-Fiを申し込むとこんなメールが送られてきます。
Scoot-wifi2
機内Wi-Fiに接続して、ブラウザを普通に開くと自動的にスクートのページにつながります。そこで、メールで送られてくるAccess Codeを入力すればログイン完了です。

気を付けないといけないのは、Access Codeを印刷して持っていくということです。当たり前ですがネットにつながっていない状態ではメールを確認できませんので。スクリーンショットで撮影しておいてもOKです。

通信速度はまぁまぁ
気になる通信速度ですが、メッセージのやり取りには全く支障はありませんでした。ウェブにつないでの検索では、画像の表示に数秒かかりました。総じていうと、機内で使う分には満足できる水準と言えそうです。

関空-ホノルルはB787
今回はエコノミークラスの座席についてです。関空-ホノルル線ではB787が投入されているのですが、ボーイングの最新機ということもあって気圧や湿度の調整が上手くされています。実際、離着陸時に耳が痛くならず、のどの調子も悪くならず、快適に空の旅を楽しむことができました。


席の広さはそこそこ
座席の方はどうかというと、LCCなので狭いのではないかと心配になりますよね。でも、安心してください。公式情報によるとシートピッチ79センチです。Peachはシートピッチが74センチなので、それよりは5センチも広くなっています。まあ、さすがにPeachのシートで9時間は耐えられませんが。。。

最前列は座席指定の価値あり!
少し高くなっても広い席がいいよという方もいると思いますが、最前列の座席はどんな感じでしょうか?写真を撮ってきましたので、ご覧ください。
DSCF1112
かなり広いですね。完全に足を延ばすことができます。ただし、非常口座席なので緊急時に脱出の手伝いをできない人は座れませんので、気を付けてください。

最後列は指定する場所に間違えないように
今度は逆に、最後列の紹介です。気兼ねなくリクライニングできるということもあって人気の席なのですが、後ろが壁だとリクライニングできなくなってしまいます。なので、ちゃんとリクライニングできるのか検証するために最後列の写真も用意しました。

まずこちらが41Hと41Kです。
DSCF1115
壁が近いのでリクライニングは少ししかできなさそうですね。ここは避けた方がよさそうです。

今度は27D~27Fです。
DSCF1111
ここは十分にリクライニングできそうです。指定しておく価値はアリですね。ちなみに28列目も後ろが壁になっているのですが、ここは横がトイレなので止めておくことをお勧めします。

結論としては、リクライニングしたいなら27D~27Fが一番いいということになります。まぁ、他人のことなんか気にならないという人は好きな席でフルリクライニングしちゃってください!外国人なんかは遠慮なく席を倒しまくってました。

↑このページのトップヘ