よつき経済研究所

経済学者の森本裕です。専門は交通経済学と都市経済学です。神戸にある甲南大学で教員をしています。経済学のメインテーマである、価格=モノの値段についてコラムを書きます。また、大学教員ならではということで、今どきの学生気質や大学ついても不定期で発信します。

経済学に関心がある方は、ホームページ(https://yotsuki-compass.com/)にもお越しください。ツイッター(https://twitter.com/yotsuki_compass)でも最新ニュースに経済分析を加えています。

2018年10月

持って帰るのと、店内で食べるのでは税率が違う
2019年10月に消費税は10%に引き上げられる予定ですが、食料品など一部の品目には8%の軽減税率が適用される見込みです。

ところが、この軽減税率に伴って大きな問題が生じそうです。というのも、食料品には軽減税率が適用されるものの、外食は一般税率になるからです。つまり、購入した商品を店内で食べると税率は10%、持って帰ると8%ということになってしまうのです。




イートインでの飲食を禁止に
そういうわけなので、コンビニのようにイートインスペースがある店では、客がどこで食べるのかを把握する必要が出てきます。あるいは、把握できなければ全て10%とせざるを得ません。

現実的には全ての客の行動を監視するわけにもいきませんし、かといって、10%の税率を適用されてしまうのも不都合です。そこで、「イートインでの飲食を禁止する」という案が出てきました。

財務省は、来年10月の消費税率10%への引き上げ時に導入する軽減税率を巡り、店内に椅子やテーブルを置くコンビニやスーパーなど小売店の対応基準を明確化した。「飲食禁止」を明示し、実際に客が店内で飲食しないことを条件に、店内で販売する全ての飲食料品(酒類除く)に8%の軽減税率を適用する。

毎日新聞2018年10月4日より


これであれば、客の行動を監視しなくて済むうえに、税率も8%にしてもらえます。とはいえ、飲食禁止の「イートイン」とは意味不明です。

軽減税率に反対する
軽減税率には、
・対象品目の線引きが難しいこと
・対象品目の選定が恣意的になること
・実務上の取り扱いが困難になること
といった問題点があります。

外国の事例では衣類を軽減税率の適用とすることがありますが、高級衣料まで税率を低くするべきでしょうか?仮に高級品を対象外とするにしても、どこからが高級品なのでしょうか?この線引きをすることは大変です。

また、対象品目を決めるにあたって、役人の判断が恣意的になる懸念もあります。場合によっては、賄賂などの不正が発生しかねません。

そして最後に、「イートインでの飲食禁止」のように実務的な不都合が生じる問題があります。

このように、軽減税率には問題が多すぎるため、ヨーロッパでは廃止が検討されているくらいです。何も、日本が今から導入することはありません。

逆進性を緩和するひつようがあるなら、所得税や相続税の累進性を高めれば済むことです。消費税は単一税率にしておくべきです。



ついに6か月間の調査も終わり
LCCの運賃を追跡するこのシリーズですが、ついに最終回となりました。運賃が変化するためLCCのチケットは買い時が難しいですが、少しでも価格変動のクセをつかめればと思い調査を行いました。

早く買う方が得なのか?それともセール待ちをすべきなのか?そんな疑問からスタートした調査ですが、ついに追跡していた便が出発日を迎えました。この記事では、6か月間の記録をまとめて公開します。




Peachは早めに予約が吉か
調査対象の便は、
・PeachのMM103便(関西-新千歳)
・ScootのTR700便(関西-ホノルル)
の2つです。

ともに10月1日出発の便の運賃を、6か月前の4月1日から追跡してきました。早速結果を見てみましょう。
LCCfinal
Peachは出発1か月前にかけて緩やかに運賃が上がっていきました。4月は6000円台で売られていたものが、8月末には1万円を超えています。途中でセールもなく、順調に上がった印象です。

もっとも、調査期間中にもセールは1ヶ月に1回は開催されており、便によっては安く買うことができました。セールの対象になるのは人気のない便なので、平日かつ不便な時刻の飛行機に乗る予定ならば、セール待ちをしてもいいでしょう。

異変が起きたのは台風が関空を直撃した9月上旬です。水没した関空が閉鎖され、予約が全く入らなくなったのでしょう。運賃は5000円台に下がりました。

最後に値上がりしているのは、最安の「シンプルピーチ」の販売が2日前だからです。当日や前日にチケットを買う場合、預け荷物などが付いた「バリューピーチ」で買うことになりますので、3000円ほど割高になります。

台風が来なければ最後まで運賃が上がっていった可能性が高いので、Peachを利用するなら早めに予約を入れた方がよさそうです。

Scootはセール待ちで
Scootは調査期間中に価格の変動はあったものの、全体として値上がり・値下がりはしませんでした。通常運賃は為替によって変わるものの、22000円くらいです。とはいえ、期間の半分以上でセール運賃が提供されていたので、通常運賃で購入するのはバカバカしいと言えます。

セールは16000円くらいのときと、12000円くらいのときがあり、どちらが提示されるかの基準は不明です。いずれにしても、慌てて購入する必要はなく、安くなるのを待つべきであると言えます。

IC乗車券の割引は使い物にならない
鉄道各社はIC乗車券の利用を促進しており、その一環として割引プログラムを提供している。ところが、きっぷタイプの回数券と比べて割引率が低く、乗客にとっては魅力を感じない。
Pitapa


多くの鉄道会社が導入しているのが「利用回数割引」であるが、その恩恵を受けるためには1か月間に11回以上利用しなければならない。もちろんこれは、同一運賃区間をである。しかも、割引対象になるのは11回目以降の利用だけである。

これが回数券ならば、有効期間は3か月だし、1回目の利用から割引を受けることができる。友人や家族とシェアすれば、1人で使い切る必要もない。

このように、圧倒的に通常の回数券の方がおトクなのである。だから、鉄道会社がICの利用を勧めても、乗客は紙の乗車券を使い続けるのである。

回数券の記録を電子化し、きっぷタイプよりも便利に
鉄道会社がIC化を進めたいのは、IC専用の改札機は価格が安いこと、券売機の設置数を減らせること、利用データを収集できることといったメリットがあるからだ。しかし、乗客にとってはスムーズに改札を通過できる以外にICカードを使うメリットがないため、依然としてICを利用しない人も多い。

そこで提案したいのが、ICカードに回数券の記録を載せることである。割引率や有効期限は従来のまま、データだけをICに登録するのである。

たとえば、2000円支払うことで、200円区間の回数券を11回分ICカードに記録する。そして、1回利用するごとに残り回数を減らしていくのである。

上手くすれば、乗り越し清算も便利にできるかもしれない。240円区間を乗車したときには、回数券の記録を1回分減らすとともに、チャージ金額を40円減らせばいい。

この仕組みであれば、乗客にとっても不都合はなく、しかも利便性が向上しているのだから、ICカードへの移行がかなり進むだろう。

ANAのプレミアムエコノミーとエアチャイナのビジネスではどちらがいいのか?
格安のビジネスクラスで有名なエアチャイナですが、ANAと比較してみました。エアチャイナのビジネスはアジア路線で10万円ほど、欧米路線で20万円強なので、日系エアラインのプレミアムエコノミーと大差ない価格設定です。

スターアライアンス同士ということで、エアチャイナのビジネスとANAのプレミアムエコノミーを価格・設備・マイルの観点から比べます。




エアチャイナのビジネスクラスは格安
まずは、肝心の価格からです。航空券は時期によって価格の変動が大きいですが、ともに最安値で比べます。路線は大阪-シンガポールを使います。
KIX-SIN_ana
KIX-SIN_airchina
上がANAのプレミアムエコノミー、下がエアチャイナのビジネスです。ANAのプレミアムエコノミーは119,710円、エアチャイナのビジネスは103,270円が最安値です。

格上のビジネスクラスであるにもかかわらず、エアチャイナの方が安くなっています

設備もビジネスのエアチャイナが圧勝
続いて設備ですが、ANAのプレエコから見てみましょう。ANAプレエコ
プレミアムであってもエコノミークラスに過ぎませんので、当然フルフラットにはなりません。とはいえ、フットレスト・レッグレストが付いているので、単なるエコノミーよりは快適そうです。コンセントとUSBポートが付いているのも評価できるポイントです。
airchinaビジネス
エアチャイナは機材の最新化を進めていますので、大半の長距離路線(東南アジア・ヨーロッパ・アメリカ)はフルフラットシートになっています。横になって眠ることができるので、移動の疲れを軽減することができます。

なお、ANAのプレエコ・エアチャイナのビジネスはともにラウンジを利用することができます。

ANAは割増があるので、プレミアムポイントを多く獲得
最後に、獲得できるマイルを計算します。なお、カードやステータスでの上乗せがない前提でのシミュレーションです。

ANAのプレエコは、大阪-東京-シンガポールで獲得できるのは3,592マイル、5,928プレミアムポイントです。修行を検討している方のために、一応プレミアムポイント単価を出してみると、10.09円/PPです。

エアチャイナのビジネスは、大阪-北京-シンガポールで4,851マイル、5,651プレミアムポイントです。PP単価は9.13円です。

北京経由だと北に大回りすること、ビジネスは積算率が125%であることにより、エアチャイナの獲得マイル数が多くなっています。プレミアムポイントは、ANA利用で国内線は2倍、国際線は1.5倍になるので、ANAの方が多いです。

なお、東京発着の場合、ANAは国内線部分がなくなるので獲得マイル数が減るのに対して、エアチャイナは北京までが遠くなるのでマイルが増えます。なので、より一層、エアチャイナの優位性が高まります。

エアチャイナのビジネスはお得だった
以上をまとめると、やはり噂通りエアチャイナのビジネスはお得感があるようです。北京では乗継時に混雑に巻き込まれるリスクがあるようですので、この点に気を付ければ、旅行やビジネスあるいは修行での有用性が高いと言えそうです。



↑このページのトップヘ