転売行為に一理あり
コロナウイルスの感染拡大で、マスクの転売が問題になっています。読売新聞も「マスク1箱5万円超も…高額販売が後絶たず、メルカリが出品削除」と転売について報じています。転売問題は本当に問題なのか考えてみましょう。

まず、転売が起きる背景ですが、高くても買う人がいるというのがキーポイントです。つまり、1箱に5万円支払ってでもマスクを手に入れたいという需要があるわけです。このあたり、需要がある限り価格が上がるという経済の大原則に忠実です。

高い金を支払いたい人がどういう人かというと、大金持ちという可能性もありますが、多くはどうしてもマスクを手に入れたいといったところでしょう。そうすると、店頭では在庫切れで買えないところ、カネさえ積めばマスクを手に入れられるわけだから転売屋もありがたい存在と言えます。

もう少し経済学的に考えてみます。転売屋のおかげで、絶対数が不足しているマスクが、より必要度が高い人(高い金を支払いたいと思う人)のところに行きわたるようになっているわけです。専門的には資源配分が効率的になっていると言いますが、簡単に言うと、より欲しいと思っている人が限りあるものを手に入れているという状態です。

もし転売屋がいなければ、あまり必要というわけではないけれど、多くの店舗を回れる暇な人がマスクを持っているという状態になってしまうわけです。こう考えると、転売行為は意味のあることだと言えそうです。

在庫で流通から外れる分は無駄になっている
とはいえ、転売にも1つ大きな問題があります。それは、ただでさえも不足しているマスクの流通量を減らしてしまうということです。転売屋は商品であるマスクを一旦買い込む必要があるので、その分だけ一時的に流通量が減ってしまいます。つまり、転売屋の倉庫や自宅に眠っている分だけ、大切なマスクが使えない状態になっているのです。
マスク
そういうわけで、筆者としては基本的に転売には賛成です。転売屋が利益を得る分だけ一般消費者は負担を強いられるわけですが、それでも、限られたマスクが求められているところに行くという便益は重要だと考えています。

最もいいのは、店頭での価格を適度に上げること
ただ筆者としては、メーカーや小売りといった公式な流通経路が値上げすることを市民が許容することが重要だと考えています。なぜなら、公式な流通において売り切れが生じない程度の価格が設定できれば、転売行為が生じえないからです。そうすると、今よりは高くても、転売よりも安い値段でみんながマスクを買えるようになるからです。
スポンサードリンク