JR東海は大幅安 JR東日本はそこそこの値下がり
2020年2月25日の日経平均株価は、前日比781円安の22,605円と急落しました。コロナウイルスの感染ががイタリアでも確認されたことから、リスクオフの動きとなりました。

今日は、JR3社の株価から読み取れる情報について書いていくことにします。まず、今日の値動きはJR東日本-2.92%、JR西日本-4.02%、JR東海-6.31%でした。JR東海の株価は大暴落を通り越して「崩落」という表現が適切なくらいに下げています。この値動きの差は何を表しているのでしょうか?
rikuun
予想通り、JR東海は新幹線に依存
まず、JR3社の収益構成を見てみましょう。
shinkansen
JR東日本とJR西日本は新幹線が売り上げに占める割合が30%弱しかないのに対して、JR東海は70%近くもあります。JR東海は他の2社と比べて、収益が新幹線に偏っていることが分かります。

東海道新幹線は2020年のダイヤ改正で「のぞみ」が最大1時間12本になるというくらいに旅客数が多いので、JR東海の新幹線偏重は当然のことかもしれません。東北新幹線や山陽新幹線はLCCや高速バスに対抗するため割引切符を発売していますが、東海道新幹線は「ぷらっとこだま」くらいしか安く乗る方法はありません。「のぞみ」はほとんど定価販売で、EX早得を使えばオフピークの便が少々安くなる程度です。

見出し
収益構造を確認してみると、マーケットは新幹線に懸念をもっているのだということがよく分かります。

コロナウイルスが蔓延しても皆が通勤通学をやめないように、在来線の定期券利用客はそうそう減ることがありません。これに対して、新幹線の利用客は不急不要のことが多いため、利用を見合わせによる旅客減が生じます。

実際、ライブや大きなイベントは軒並み中止になってますので、遠方からの「追っかけ」客による利用がなくなっています。また、企業によっては出張は必要なものに限るという方針を打ち出していますので、業務利用も減少しています。

2月20日付で日経新聞が「東海道新幹線、休日利用者11%減 新型肺炎影響広がる」という記事を出していますが、マーケットは遅れて反応した形です。

ちなみに、JR西日本の値下がり率が大きいのは、在来線でインバウンドの恩恵を受けていたからと考えられます。関空アクセスや京都観光で外国人が多く利用していましたので、その需要がなくなるとかなりの減収になってしまいます。

また、売上に占める鉄道事業が57%ですので、43%は非鉄事業ということになりますが、ホテル運営に影響が出ることも懸念されています。

今日はマーケットの動きがかなり明瞭に出て面白かったので記事にしてみました。海千山千のトレーダーたちは、やはりよく考えて売買しているのだなと感心させられる値動きでした。
スポンサードリンク