よつき経済研究所

航空産業を専門に研究している経済学者の森本裕です。神戸にある甲南大学で教員をしています。このブログは火曜日と金曜日に更新しており、火曜日は「旅行に役立つ航空」について、金曜日は「経済学で身につける思考の技術」について記事を投稿します。また、大学教員ならではということで、今どきの学生気質や大学の裏事情についても不定期で発信します。

経済学に関心がある方は、ホームページ(https://yotsuki-compass.com/)にもお越しください。ツイッター(https://twitter.com/yotsuki_compass)でも最新ニュースに経済分析を加えています。

大学生向け

学振に採択されるメリット
以前書いた「学振をとるために修士ですべきこと」の閲覧数が多かったので、やはり院生にとっては関心がある話だったのだと思います。筆者自身、応募前はノウハウをあさっていましたから、そこはよく分かります。

提出に向けてラストスパートをかけているところだと思いますが、モチベーションを上げるために、学振に採択された後にどのような良いことがあるかについてまとめます。

2回に分けて書きますが、今回は金銭的なメリットについて、次回は学振というステータスのメリットについてです。


大学外での活動を充実できる
承知の通り、年間240万円の給料と100万円程度の研究費を受け取ることができます。筆者が自身の経験を振り返って、具体的に何ができるようになるかについてお話しします。

経済学の院生だった筆者にとっては、研究室内での仕事にはあまり経費が掛かりませんでした。それに、ソフトウェアや教科書については指導教員であった文世一先生に用意していただきましたので(ありがとうございました。)、自費で負担する必要はありませんでした。

なので、学振の資金は主に大学外での活動に充てることができました。学会発表と海外への短期滞在です。

毎年の学会発表
海外の学会に参加するためには、アジアで15万円、欧米では30万円ほど必要です。この資金を自分で出せるようになるのは大きいです。

今時の研究者は国際誌への投稿が必須ですので、自ずと研究者間のネットワークもインターナショナルになります。国際学会に参加して、最先端の研究動向を知ることができたのは非常に有意義でした。

また、ジャーナルの編集者も参加していますので、顔見知りになれば採択の方針も教えてもらえますし、業績を増やすための手がかりも得られます。

P1030097
コーヒータイム
著名大学での短期滞在
資金に余裕があった年は、海外の大学に短期滞在もしました。筆者の専攻は交通経済学なのですが、この分野で権威ある"Vrije Universiteit Amsterdam"で2ヶ月間研究に専念しました。

トップジャーナルに論文を多数掲載している先生方とのディスカッションは刺激的でした。また、そのような方と知り合いになることができたのも貴重でした。今後、共同で研究するチャンスも大きくなります。

院生同士の付き合いも楽しいものでした。ルームシェアで住んでいたのでニュージーランド人やスペイン人と同室だったのですが、出身国の経済状況について議論することができました。
DSCF0443
securedownload
この時に知り合った方々とは、今でもFacebookでつながっていますし、学会でもお会いします。

まとめ
100万円あれば何ができるのかという観点で書いてみました。筆者にとっては、「海外での経験を積んだこと」「研究者間のネットワークを築くことができたこと」の2点が大きなメリットでした。

次回は、学振というステータスが持つ効果について書く予定です。

勉強する意味が見いだせない
勉強をしていて、それが何の役に立つのか分からなくなるということがあると思います。意味を見出せない、という状況です。将来のためとか、可能性を広げるためとか、そういった抽象的な話ではなく、学んでいること自体が何に使えるかを見つけるための方法について説明します。

2行要約
・やる気を出すためには、目的を見つけることが肝要
・検索ワードを工夫して、活用例を見つける


目的とモチベーション
勉強すること自体が楽しいという人も稀にいますが、たいていの人は学校や塾で仕方なく勉強をさせられてきたことでしょう。やる気が出ない、その原因は、勉強が何の役に立つか分からないことにあるのです。逆に言うと、「実用的な用途」が分かればおのずとモチベーションが湧いてきます



筆者のゼミで扱っている空間経済学を例として説明しましょう。オフィス街や工業団地が形成されるメカニズムや地点の特徴について(経済活動の空間的な分布)講義しましたが、大半の学生は「オフィスがどこにあるかなんて、知っている必要がない」と感じたことでしょう。

しかし、この講義はかなり応用が利く内容なのです。経済活動の分布を体感できれば人の流れが分かるし、そうすれば収益性が高い立地も見えてくるのです。だから、企業に入った後に店舗の出店や工場用地の選定を任されたときに役立てることができるのです。役所に入ったら地域政策や都市計画に有用なのは言うまでもありません。

応用例を見つける方法

学問の成果は必ず誰かが活用しています。検索キーワードを学問名+「事例」「活用」「応用」「セミナー」「勉強会」として検索してみてください。そうすると今勉強していることが社会で役立てられている事例が出てくるはずです。

「空間経済学 事例」で検索すれば

・RIETI - 第13回「空間経済学から見る地方創生のあり方とは」
・「空間経済学」が示す震災復興の道すじ|日経BizGate

といったものが出てきます。そうすれば、地方創生や震災復興というメジャーな分野で活用されていることが分かるのです。社会科学と自然科学の分野であれば、何らかの活用例が出てきます。

筆者が試してみたところ、人文学(歴史・思想・哲学)の場合は上手く実用化された事例を見つけられませんでした。この分野ついては項を改めて検討したいと思います。

どれだけ給料をもらっても、穴を掘って埋めるだけの仕事は誰もしないと言われています。それだけ、人間は意味のないことをできないのです。勉強も同じで、目的が見えてこそ、やる気が出てくるのです。

ダメなサークル・部活

サークルや部活に入り間違うと、大学生活を台無しにしてしまいかねません。悪い先輩や大人が、大学慣れしていない新入生を待ち構えているので気をつけなければなりません。今回は、決して入るべきではない団体についてお話します。

3行要約
・活動内容をよく確認すること
・女子の勧誘に熱心なところは危険
・宗教系や政治系も絶賛活動中


出会い目的の団体
いわゆる「ヤリサー」というやつですが、出会いを主目的とした団体です。特に女子学生が気を付けるべきではありますが、男子学生にとっても不法行為に巻き込まれて退学などのリスクを高めることになります。このような団体を見分けるポイントは次のとおりです。

1.活動内容がはっきりしない
出会いが目的なわけ出すから、活動内容があるはずもありません。合宿に行ったり、キャンプをしたり、飲み会が多かったり、などという説明をされることが多いです。

また、一見テニスなどの本来の活動があるように見えても、その活動はほとんどしていないといった場合は注意が必要です。

2.女子学生の勧誘に熱心・女子大にまで出張して新歓している
男子ばかりでは「出会う」ことはできないわけですから、女子の獲得に熱心になります。先輩の態度が明らかに男女で異なる場合は要注意です。

インカレサークル(複数の大学の学生で構成されるサークル)と称して、女子大に勧誘に行っているところも危険です。

3.入会するのに「選抜」がある
サークルのメンバーを集めるのになぜ選抜が必要なのかわかりません。

まず、男子の人数を減らしておく必要がありますので、男子の入会には厳しい選抜が課せられます。ノリや飲めるかなどが重視されるようです。出会い目的だけあって、女子は「顔」が求められます。かわいくなければ選抜で落とされることになります。

まっとうに活動するのであれば人数が多いほうが望ましいわけですから、普通は選抜をすることなどありません。入会に制限があるような団体は避けるべきです。

宗教系・政治系に気をつけよ
宗教団体や政治団体も新入生をひっかけるべく活動しています。これらの団体は自己啓発や自己発見などを表向きの活動内容としているようです。この系統の団体には、「意識が高い」学生の方が引っ掛かりやすいです。

筆者が学生の頃は、親鸞会や共産党系の民青が活動に来ていました。「世の中の問題について考える」といって勧誘されたのを覚えています。

困ったら学生課にすぐ相談
警戒心をもって勧誘を受けていれば問題ないと思いますが、ちやほやされて舞い上がったり、ただ飯につられたりすると、悪質な団体に食い物にされてしまうかもしれません。

万一困ったことがあったら、すぐに学生課に相談しましょう。近くにいる教員に相談しても構いません。長年大学にいる者にとっては「またか」といったところですから、適切に対応してくれるはずです。

サークル・部活 どうやって選んだらいいの?
大学って、サークルや部活が多すぎでどれを選べばいいか悩みますよね。大学によっては200とか300はざらです。大学に関わって11年の筆者が、サークル・部活選びのポイントをレクチャーします。

3行要約
・新しいことを始めよう
・部室は必須ポイント
・OBとの繋がりは大切


ポイント1:新しいことをはじめる
筆者としてお勧めしたいのは、大学では新しいことを始めることです。大学には高校とは比べ物にならないくらい多様なサークル・部活があります。マジック・社交ダンス・陶芸・オリエンテーリング・射撃・乗馬や、「山でキノコ採取」なんてものまであります。

せっかくの機会ですので、新しいことに挑戦して視野を広げてみてはいかがでしょうか?ちなみに筆者は、学生時代は古武術(鹿島神流)とフォークダンスをしていました。

ポイント2:部室がある

大学生になると、時間の自由度が格段に増します。授業が入っていない時間(空きコマ)もありますし、帰宅時間も遅くなります。

そうすると、空いた時間に友達と一緒に過ごせる場所が必要なわけですが、これに便利なのが部室です。ゲームや漫画も置いておく団体もあり(たぶん、ほとんど全部)、快適な居場所ともいうべき空間です。なので、部室を使えるかどうかで大学生活の充実度が大きく変わってきます。

大学の設備には限りがありますので、部室を持てるサークル・部活はほんの一握りです。入部する前に必ず、部室があるかを確認しておきましょう。

ポイント3:歴史がある
活動実績が長いサークル・部活にはいろいろなメリットがあります。

まず、活動内容が安定していること。過去の積み上げがあるので、活動がより有意義なこと、よりやりがいがあることに厳選されています。また、新入生を指導するノウハウもありますので、先輩からサポートを受けやすいです。

次に、OBからのサポートを受けられること。活動資金は自分たちで賄わなければなりませんから(大学からの援助は基本的にない)、部費を徴収されることになります。OBがいればサークルや部に寄付してくれることも多いですので、金銭的にも活動が安定します。

また、OBとのタテのつながりは就活にも有利です。先輩つながりで企業訪問もしやすくなりますし、大人と関わっておけば社会に対する視野も広くなります。

こんな感じでサークル・部活の選び方を解説しましたが、みなさんが楽しいキャンパスライフを送れることを期待しています。


シラバスとは?
今日はシラバスについてです。これも大学に入って初めて聞く単語ではないでしょうか?

シラバスとは、授業の取扱説明書のようなもので、どんなことをするとか、教科書は何を使うとか、どうやって成績評価をするとか、そういったことが書いてあるものです。

3行要約
・シラバスとは、授業についての説明書
・「授業内容」を確認せよ!
・「成績評価」の方法に注意


講義内容をチェック!
百聞は一見に如かずということで、森本が担当している「産業経済」のシラバスを見てみましょう。シラバス
とまぁこんな感じです。一番上「授業内容」のところを見て、興味がありそうなら受講を考えます。(必修科目は興味がなくても履修してくださいね。)ここを見れば、この授業では産業立地を扱うのだなということがわかります。

「授業構成」では、各回の授業で何をするかが書いてあります。この科目は4単位なので、全部で30回あります。

成績評価は要注意
成績評価の方法も気になるところです。この授業の場合は期末試験が100%ですが、科目によって中間試験があったり、レポートがあったりとします。

学生に一番人気なのは、レポート100%のようです。試験を受けなくてもいいからでしょうね(笑)

逆に、レポート・中間試験・期末試験が全部ある科目もあります。これはなかなか大変でしょう。教員としてはぜひ頑張ってもらいたいところですが。。。

↑このページのトップヘ