よつき経済研究所

航空産業を専門に研究している経済学者の森本裕です。神戸にある甲南大学で教員をしています。このブログは火曜日と金曜日に更新しており、火曜日は「旅行に役立つ航空」について、金曜日は「経済学で身につける思考の技術」について記事を投稿します。また、大学教員ならではということで、今どきの学生気質や大学の裏事情についても不定期で発信します。

経済学に関心がある方は、ホームページ(https://yotsuki-compass.com/)にもお越しください。ツイッター(https://twitter.com/yotsuki_compass)でも最新ニュースに経済分析を加えています。

大学事情

どんな論文でも合格させてしまうハゲタカたち
ハゲタカジャーナルとかハゲタカ学会なるものが問題になっているようです。より堅い言い方をすると、粗悪雑誌・粗悪学会となります。

これらのハゲタカたちは、数万円の投稿代や参加費さえ払ってもらえれば、後は研究内容審査もせずに「合格」させていて、これが批判されているようです。

アカデミック外の人からしてみれば、「高い金をハゲタカに貢いでまで雑誌や学会に研究成果を出す意味はあるのか?」と感じるのではないでしょうか。

今回は大学事情に触れながら、一般向けにハゲタカ問題についてお話ししたいと思います。




ハゲタカといわれても、必要とされているから存在する
批判されようが何だろうが、需要があるからこそハゲタカビジネスが成り立ちます。では、どのような需要があるのでしょうか?

1.どうしても「成果」が欲しい
常識的に考えたとき研究成果とは、何か有用で社会の役に立つもののことを指しそうです。ところが、アカデミック界で成果というと、研究発表や論文掲載のことをいいます。

まともな学会であれば、程度が低い研究は発表させてもらえませんし、雑誌にも掲載してくれません。だからこそ、発表や掲載論文は評価されるのです。

ただし、みんながみんなレベルの高い研究をできるとは限りません。どれだけ努力をしてもいい研究ができない人もいるのです。

そういう研究者であっても成果は欲しいですから、審査をまともにすることなく合格を出してくれるハゲタカさんにお金を払ってしまいます。

2.成果がないと研究できない
かつては基礎的研究費と呼ばれる予算がたくさんありました。基礎的研究費とは、全員に対して無条件に支給される研究費のことを言います。なので、かつては研究費の獲得に困ることはあまりありませんでした。

ところが、近年は「成果の見込めないところには研究費をださない」という方針に変わったため、実績がない研究者は予算を付けてもらえなくなってしまいました。(ちなみに、選抜をして優秀な人にだけ支給される研究費のことを、競争的資金といいます。)

そうすると、「成果がない→研究費がない→成果がない」のループにはまってしまいます。こうなってはどうしようもないので、ハゲタカさんにお金を払って、成果を買う必要が出てくるのです。

3.成果がないと就職できない
これもまた近年深刻になっているポスドク・オーバードクター問題と関係しますが、成果が上がっていない人は正規雇用のポジションを得られなくなりました。就活では、研究成果を厳しくみられる時代になったのです。

若手の研究者は本来、長期的な視点から腰を据えて研究に励むべきですが、自分の将来がかかっているので悠長なことを言っていられません。これまた、ハゲタカさんにお金を出して成果を作らなければなりません。

ハゲタカ対策は、しっかりと成果をチェックすること
以上の3つの理由があって、コストはかかるけれどもハゲタカも必要とされています。ハゲタカ批判をしても、需要がある以上はなくなることはないでしょう。

このことの根本原因は、「研究の中身を見られないこと」にあります。研究費の配分にしても就活にしても、表面的に論文があることだけをチェックして、中身を読まないのが良くないのです。

粗悪なハゲタカを駆逐するためには、アカデミック界にいるわれわれが成果についてしっかりと考える必要があるのだと身に染みて反省するところです。

学会ってどんなところ?
学会と聞いてどんなところを想像するでしょうか?大学教授がまじめに議論しているとか、何やら難しいことをしていそうだとか、はたまた、大学を離れて息抜きをしているとか、色々なイメージを持っている人がいると思います。

ちょうど香港で開催されたITEA(International Transportation Economics Association)の年次大会に参加してきましたので、その報告もかねて学会とはどのようなところなのかを紹介したいと思います。


メインは研究発表
まずは、百聞は一見に如かずということで学会会場の写真をご覧ください。IMG_20180628_090043
IMG_20180625_103942
私が研究報告をしている様子ですが、雰囲気としては教室で授業をしているのと同じです。聞いているのが専門家ということで、精神的には疲れますが。。。

発表時間が20分、討論が10分で持ち時間は計30分というのが標準的なところです。自分が進めてきた研究が他の研究者にも受け入れてもらえれば万々歳です。問題点やさらに掘り下げるべきところを指摘されれば、今後の研究に反映させることにします。

意外と大事な休憩時間
自分の持ち時間だけではなく、休憩時間にも研究について語り合います。IMG_20180625_103852
ラウンジにはコーヒーとスナックが用意されることが多いですが、これらを片手にディスカッションです。

研究の話だけではなく、近況報告や大学の事情についても情報交換します。研究費の取り方についての情報も有用です。年1回(数年に1回のことも)しか会わない仲間ですので、プライベートな話で盛り上がることもあります。

休憩時間の方がホンネの情報が手に入るので、こちらが学会参加の主目的という先生もいます。

気分転換の旅行という面も・・・
日々忙しい先生方はなかなか休みを取れませんので、日常から離れて気分転換できるのも、一つのメリットです。たいていは「後泊」をしますので、最終日は観光して帰ることが多いです。(一部の人は、学会をサボって遊びに出かけることも・・・)
hk_img_k29_01




↑このページのトップヘ