よつき経済研究所

航空産業を専門に研究している経済学者の森本裕です。神戸にある甲南大学で教員をしています。このブログは火曜日と金曜日に更新しており、火曜日は「旅行に役立つ航空」について、金曜日は「経済学で身につける思考の技術」について記事を投稿します。また、大学教員ならではということで、今どきの学生気質や大学の裏事情についても不定期で発信します。

経済学に関心がある方は、ホームページ(https://yotsuki-compass.com/)にもお越しください。ツイッター(https://twitter.com/yotsuki_compass)でも最新ニュースに経済分析を加えています。

ハワイ

モアナルア・ガーデンで日立の樹を見よう
「日立の樹」とも「この木なんの木」とも呼ばれ、日本人なら誰でも知っている木を見に行きました。モンキーポッドという種類で、ハワイのモアナルア・ガーデンという公園に植えられています。

3行要約
・日立の樹はモンキーポッド
・サンドイッチを持ってピクニックにしよう
・入園料は3$


ピクニックにもってこいの公園

モンキーポッドはブラジル原産の熱帯性植物で、横に大きく枝を伸ばすのが特徴です。幅は40メートルくらいあり、木の下は大きな日陰になります。
DSCF1108
園内は飲食可となっていますので、サンドイッチを持っていってピクニックにするとよさそうですね。全体的に芝生なので、寝転んでゆっくりすることもできます。木の下であれば熱帯の太陽からも逃れることができ、暑くありませんでした。ハワイは日本の夏ほど気温が高くないので、日陰で休むと涼しくてちょうどいいくらいです。

モンキーポッドについて少し紹介ですが、枝には大きな豆ができています。サルがこの豆が大好きで食べるので、モンキーポッドと呼ぶようになったそうです(モアナルア・ガーデンにサルはいません)。豆は大きいもので長さは20センチくらいです。
DSCF1109
写真の奥の方に水たまりが見えますが、木の下は日が当たらないので地面が濡れています。日陰で休みたい場合はシートを持っていくといいと思います。

バスが安くておすすめ。ツアーでも参加できる。
路線バスで行く場合は、The Busの3系統に乗って、高速道路を下りてすぐのバス停"Pukoloa St + apunapuna St"で降ります。
Googlemapの道案内で公共交通を選択すれば案内してくれるので、乗るバスも迷うことはないと思います。バスの出発時刻まで案内してくれるので、バス停で待たされる心配もありません。ちなみに、The Busは一日券が5.5$で販売されています。

路線バスに乗るのが難しそうだという人は、ツアーに参加して連れて行ってもらうのがおすすめです。モアナルア・ガーデンに行くだけのツアーもいくつか開催されています。

カイルア住民に人気のChadLou's Coffee
ハワイといえばパンケーキ!という方も多いと思います。Boots & Kimo's行ってみたいですよね。もちろん有名なお店もいいですが、観光客だらけはちょっと・・・という方向けに地元民に人気のあるChadLou's Coffeeを紹介したいと思います。

観光客に媚びてる感じがせず、普通のハワイライフを体験してみたい人おすすめのカフェです。


ウッディでおしゃれな内装
お店は全体的に木質感あふれる内装で統一されています。机の上には食器や調味料が置いてあり、必要な分を持っていってくださいというスタイルです。
DSCF1107
こじんまりとしたお店なので、店員さんもフレンドリーです。”May I take pictures in this restaurant?”と写真の許可を求めたときも、愛想よくOKしてくれました。
DSCF1105
価格も良心的
メニューはこんな感じです。手書きなところが親しみを持てます。
DSCF1106
コーヒーは2.45$なので、かなり良心的な価格設定です。カプチーノやラテでも400~500円くらいです。ワイキキだと観光地価格でお高いですが、地元向けということもあってお手頃です。

本格的なサンドイッチ
お昼ご飯の時間だったので、サンドイッチを注文しました。
DSCF1104
本格的な手作りサンドにポテトチップスとピクルスが添えてあります。だいたい1000円くらいだったと思います。味もおいしくて、大満足でした。

ちなみにですが、サンドイッチだけだとスナック(Snack)、ポテトがあると食事(Meal)というそうです。日本人の感覚からすると食事にポテチは違和感がありますが、アメリカ人にとっては不可欠なんだそうです。

場所はどこにあるの?
さて、ChadLou's Coffeeまでの行き方ですが、カイルア通りを一本北側に入ったところにあります。カイルア通りがカイルアタウンの目抜き通りですので、The Busの経路になっていますし、ツアーなんかでもここまでは連れてきてくれるかと思います。

関心を持った方は、下のリンクから公式ホームページをご参照ください。https://www.chadlouscoffee.com/

↑このページのトップヘ